将来お墓を受け継ぐ人物がいないのですがどうしたら良いでしょうか?

将来お墓を受け継ぐ人物がいないのですがどうしたら良いでしょうか?

子供が居ない夫婦など自分達の代で終わってしまい、将来お墓を相続してくれる方が存在しない場合に行える方法としてあるのが永代供養墓という選択です。

永代供養というのは寺もしくは霊園が近い将来無縁になる方々に向けて、永代にわたり管理を約束して頂けるという仕組みを指します。

そのようなお墓の利用を検討している当事者が生前のうちに使用料を前払いし、人生を全うした後に管理して頂く事になります。

寺によっては改宗を行って檀家になるのを前提条件としているケースもあるので事前に調査しておく事がありますが、基本は宗教に左右されることも無いですし門戸が広く開かれた制度です。 各所により詳細には差異がありますが多くで採用されているのは地下に設けられている空間を納骨堂とし、上には大きめの石碑を設けるのが共通して見られます。

ただし、多くの場合、遺骨の保管期間の制限があり、短いものですと7回忌で平均すると13回忌を終えた頃に合葬といういわゆる共同墓地に埋葬されるので永遠と同一箇所に遺骨があるわけではないですし、霊園を運営している企業が倒産してしまったり寺院が無くなってしまう可能性も捨てきれない事実を理解しておきましょう。

相続が円滑にいかない時のもう一方の方法としては共同墓地があり大きく分類すると永代供養墓の一つになりますが、最も大きな違いは血族や家族関係に無関係で趣旨に賛同できた人々が一つのお墓に入ります。

この形式は管理と供養が同じ考えを抱いている後世が次々と受け継いでいく制度なので、団体や法人が途中段階で中断にならない限り継続します。 費用と料金については永代供養と大きな違いが無いので、良い縁に巡り会うことができ将来的に一つのお墓に入りたいと思える関係性が築けたら絶好の選択になります。

また、他者とは同じお墓に入れられたくないもののしっかりと墓石を建てても管理してくれる遺族が居ないなら樹木葬が人気です。 樹木は自由に決められますし成長し続ける上に季節に応じて違った表情を見せるので、パートナーに先立たれても寂しさが和らげられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください