戒名はいらないと聞きましたが本当でしょうか?と質問がありました

戒名はいらないのですか?と質問がありました。

戒名はいらない?

戒名とは仏教を信仰している人にお坊さんから与えられる宗教上の名前のことで、亡くなった故人に与えられ、位牌に書かれます。

では、なぜ戒名が必要であると言われているかというと、仏教的な考えですが、現世で名乗っていた名前を亡くなってあちらの世界で名乗ることができないと言われているからです。 しかしお釈迦様が実際にこのような教えを説いたわけではなく、仏教が日本に伝来した後に慣習化されたものです。

ということで、まず、仏教徒でない方には必要ありません。

では、仏教を信仰している人であれば必ずつけなければいけないのでしょうか。結論からいえば必ずつける必要はありません。 戒名をつけてもらうには相場が10万から30万(なぜか地域性と寺院の規模で変わります)と言われており、文字数が高いものになると50万から、場合によっては100万円以上ということもあります。決して戒名は安いとはいえず、葬式にお金をかけない風潮もあって、現在では必要ないという人が半数以上にのぼるとも言わています。

もし、つけなかった場合でも位牌には本名の後ろに「霊位」「位」といった文字をつけることで戒名と同じように扱うことができます。

しかし、お墓にないらずに散骨する場合などもつける必要はありませんが、お付き合いのある寺院があって、入る墓が決まっている場合、寺院によっては戒名なしでお墓に入れてもらえない可能性もありますので、事前に確認する必要があります。

また、金銭的な事情で高額な名をつけることが難しい場合にはインターネット上で2万円ほどから利用できるサービスもありますが、これも先の例と同様にお墓に入れてもらう寺院によっては、そのお墓で戒名をつける必要がある場合があるます。

もし仮に入る予定の寺院でお墓に入れなくなっていまうと、新しくお墓を探す必要があり、新に費用が必要となる場合もありますので、注意しましょう。

戒名は必要ないとも言えますが、決して不要なものではありませんし、故人の一生に一度のことですので安易に考えず、よく考えるとよいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください