戒名も葬式も省略【直葬】して葬儀費用を安く抑える方法

一般的に身内で不幸があった場合は葬儀を執り行うこととなり、地域や規模にもよりますが100万円から200万円程度の費用を必要とします。

近年は費用がかからない直葬を選択する人が増えており、特に関東の都市部では2割程度が直葬を選ぶなど広がりを見せています。

直葬とは、通夜や告別式といった一般的な葬儀に見られる儀式を行わず、故人の遺体を直接火葬場へ輸送し、簡易的な読経のみが行われる親族のみの葬儀形式です。

かつては身寄りのない人の葬儀だったり、経済的事情のある人が利用していましたが、人間関係の希薄化により直葬の利用者は年々増加しています。

直葬で必要とされる費用は火葬場の使用料のほか、病院もしくは自宅から火葬場まで故人を輸送するための車両代や棺代金等が主となり、合計14万円から20万円程度となります。

一方通常の葬儀を行った場合は、葬儀場の利用料や故人の安置料、供物料や祭壇の飾りにかかる費用のほか、控室の使用料や飲食代、人数が多い場合は火葬場までのバスのレンタル料なども必要となります。

これらとは別にお寺関連の費用として住職の読経代やお布施代、戒名の代金等も発生します。 通常の葬儀では、費用に関して葬儀前に葬儀場の担当者と別途打ち合わせを行いますが、故人に対する供養の気持ちや悲しみが重なっている時期でもあり、お金に対して無頓着となってしまう場面も少なくありません。

直葬であれば必要最低限の費用で済むため、後から膨大な葬儀費用を請求されトラブルとなることもありませんし、香典の管理など煩雑な作業も発生しないというメリットもあります。

ただし故人と親しかった友人や知人など、葬儀への参列を希望する人も少なからず存在するため、あらかじめ断りを入れたうえで実施するか、もしくは直葬を終えた後すぐに連絡を入れるなど周囲に対する気配りも必要になります。

後日弔問を希望する人には、弔問を受け入れたうえで香典は辞退するなど、柔軟な対応を心掛けることも重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください