散骨とお墓の関係

散骨とお墓の関係

近年、個別の墓所区画に墓石を建てる従来形式のお墓ではなく、自然葬による散骨や合祀の永代供養墓を選ぶ方が多くなってきました。

人生を終えた後は大海原へ散骨する海洋葬や樹木の根元に埋葬される樹木葬によって大自然に回帰したいという願望の高まりもありますが、お墓の管理や供養のことで子孫に面倒をかけたくないといった思いも強く反映されています。

新たなお墓の購入をためらうばかりではなく、先祖代々の墓所を墓じまいして自然葬として散骨したり、永代供養墓や都市型納骨堂などに改葬するケースも出て来ています。

高齢になって自家用車でなければ行き来できない場所にある郊外へのお墓参りが困難になったという背景もあり、そういった事情による墓じまいや改葬は今後も増えることが予想されています。

最初からお墓を持たないという選択肢が優先されるようになったのも自然な流れであり、自然葬による散骨への注目度をさらに高めています。

特に、雄大な海への散骨は大自然への回帰というイメージに直結するものがあり、法律によって散骨が許可されて以降専門に請け負う業者も数が増え、広く一般に周知されるようになりました。

海洋葬の場合、墓標代わりの樹木がある樹木葬と違ってお墓詣りに訪れる先が無いという点が遺族の間で問題になることが少なくないとされます。

散骨後しばらくの間は納得して選んだつもりでいても、時間が経つと共に寂しさを感じるようになる人も出て来ることもあって、分骨した遺骨をアクセサリーやオブジェに加工して手元供養を続ける方法もクローズアップされています。

お墓を持たない代わりに自宅での毎日の供養を細やかに行うべく、仏壇や仏具にこだわる人も増えています。

最近ではリビングルームにも置けるような洋風デザインのモダン仏壇やそれに似合うカラフルな仏具も多く見られるようになり、若い世代からも注目されています。

現代のライフスタイルに合った新しい供養のあり方が、日々進化している状態と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください