流山市で家族葬の香典の渡し方に特徴はあるのか

流山市で家族葬の香典の渡し方の特徴

お香典

お香典の渡し方の特徴

流山市は千葉県の北西部に位置し、東京まで50分ほどで到着することから、都心へ通うビジネスマンのベッドタウンとして人口の多い市です。

様々な地域地方の出身者が多いため葬儀のしきたりなどは家により様々で、近年は葬儀の簡略化が進み家族葬や樹木葬などが人気があります。

流山市の葬儀で渡される香典については、宗教に従って御霊前と書いたり御仏前と書いたりする点は全国と共通していますが、香典の袋の中にもう一袋、内袋を使用する(他の地域でもあります)のが流山市の特徴です。 香典の中に内袋を使用することは不幸が重なることに通じるので、内袋を忌み嫌う考え方もありますが、流山市では内袋に香典料を入れる傾向があります。

地方から就職のために上京してそのまま流山市に定着した人もおり、親族が遠方に在住していることから香典を郵送で渡すケースが多いのも、ベッドタウン流山市ならではです。 親族が家族葬に参列する場合、遠方からの交通費を考慮して、流山市では香典や供花を辞退するタイプの家族葬も増えています。

参列者が故人に行うのは焼香だけなので費用がかからず、遺族も精進落としの用意や香典返しなどの負担がかかりません。 家族葬では通常、遺族よりも葬儀社のスタッフが受付をしているので、香典を渡す際に特別なお悔やみを言う必要は無く、参列者数が最初から決まっているため記帳も代行してくれるのが葬儀社が多くなってきました。 香典は受付でふくさから出し、いったんふくさの上に置いてから180度回転させて、受付に渡します。 受付に並んでいる最中にふくさから香典を出すのは、葬儀を待ちかねていたことに通じるためタブーです。 ふくさは100円ショップなどで販売していますが、黒の大きなハンカチで代用してもかまいません。

流山市では墓石が不要な永代供養の霊園が増え、従来の葬儀や墓地に対する価値観がかなり変化しているため、昔ながらの堅苦しい葬儀マナーにも随分おおらかになりました。 地方により特徴のある香典マナーを守ることも大切ですが、心から故人を供養する気持ちが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください