流山市で家族葬を行う際に必要となるものとは?

流山市で家族葬を行う際に必要となるものとは?

遺影写真

遺影写真の準備を忘れずに

千葉県流山市で家族葬をする場合に必要なものはまず、どこの葬儀社にするか決めることです。これを決めなければ何も始まりません。あらかじめ、葬儀社を事前に予約している場合や、前々から会員になっている人もいますので、その場合であれば特に葬式会社を決める必要はありません。

ですが、突然亡くなった場合は、病院の紹介で葬儀会社を選ぶこともできます。このとき忘れてはいけないのが、選んだ葬式会社で家族葬をすることができるかを聞いておくことです。 家族葬は、だれを呼ぶかを決めておく必要があります。基本的に、同居している配偶者や子供が家は子供などが参加することになります。また、少し広い意味で逝去した人の兄弟なども家族に含めることがあります。さらに、兄弟の配偶者も来ることがあります。この時、友人や会社の同僚、付き合いの深かった近所の人などを呼ぶことはしませんので、事前に断っておくことが必要です。家族葬を行うと言えば納得してくれるでしょう。

できれば、後日線香をあげて来て下さいと付け加えておくことで、相手も丁重な断り方だと感じ取ることができます。 香典返しを用意することも必要になりますが、参加する人も明確なだけに用意しやすい事が家族葬の特徴でもあります。もとに注意するべきは、余分に用意をしておくことです。参加すると思われる人の中でも欠席する人は少ないですが、逆に参加しないと思われていた人が突然参加することもあります。例えば逝去した兄弟の息子夫婦が来るかもしれません。そのようなときに備えて葬儀社と話し合い、いくつか余分に用意しておくことように話しておきましょう。お香典返しは、使用した分のご清算になりますので、余分に注文されても安心してください。

料理についても同様です。たいていの葬儀社は、余分に材料を確保していますので、多少前後しても問題ないことが多いです。

遺影用の写真も事前に用意しておかなければなりません。デジカメで撮った場合は引き延ばしてもぼやけないぐらいに鮮明な写真をとっておきましょう。高齢者の場合は、あらかじめ、遺影用の写真を撮っておくことも大事です。また、遺影写真にふさわしくないものは、昔の絹目の写真や、市販のパソコン用のプリンタで印刷されたものです。

千葉県流山市で家族葬をお考えならあさひ葬祭にお任せください

家族葬実績2700件!お客様満足度98%

安置室

流山市に御遺体安置施設を完備

家族葬をお考えなら、実績があるあさひ葬祭にお任せください。また、もしもの時に、自宅に故人様を安置できない方の為に、流山市東深井に御遺体安置施設を完備しております。急な場合でも即座に対応します。家族葬をお考えでしたら、あさひ葬祭に安心してお任せください。

 

あさひ葬祭オフィシャルサイト

http://www.sougi-soudan.jp/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください