流山市で家族葬を行う際に知っておくべきマナー

流山市で家族葬を行う際に知っておくべきマナー

喪服

家族葬のマナー

家族葬は、故人や遺族が行いたい葬儀のスタイルを選べることや、参列者を最小限に収めることができるメリットを最大限に利用した葬儀の方法です。

そのため、マナーもその葬儀のスタイルによって遺族が決められるという自由さもあり、手軽な葬儀方法であるという認識が高まっていますが、それであっても周囲に対して独特の心配りが必要でもある葬儀形態であるということも覚えておくべきでしょう。

流山市で家族葬を行う際、一番気を付けておきたいのが参列者以外への心配り。この形態の葬儀の参列は5名から10名以下が通常となるため、千葉県内に在住の親族であっても参列できない方々がでてくるものです。

家族葬ではトラブルとして一番多いと言われるのが、この参列できない人への配慮が欠けていたための親族間トラブルと言われています。このような問題を回避するためにも、葬儀前に家族葬による葬儀を行う旨を電話などで丁重に伝えておかなくてはなりません。また、故人が生前にこのような葬儀形態を希望していた場合には、故人の希望である旨を生前に親族や親しい知人などには知らせておくことも良い方法と言えます。

葬儀後にはできるだけ早めに、ハガキなどで親族や知人などへ葬儀が無事終わったことをお伝えしますが、その際には家族葬によって葬儀がとり行われた旨を文章の中へ入れておくことが必要です。このように文面でも素早く伝えておくことで、参列できなかった方々へ配慮の気持ちを伝えることができるものです。

また、家族葬では金銭的なメリットとも言われる香典返しを行わないという特徴がある反面、香典を辞退するのが通常。これは参列できなかった親族や知人が葬儀後に自宅へ焼香をしに来られた場合においても、香典は受け取らないのがマナーと言えます。いずれの葬儀方法にせよ、葬儀後は弔問に来られるお客様があるのが通常ですが、その際には家族葬である旨を伝えて、香典は丁重にお断りしましょう。

家族葬ならあさひ葬祭にお任せください

家族葬をお考えなら、流山市に安置施設のあるあさひ葬祭にお任せください。家族葬施行実績2700件、お客様満足度98%の評価をいただいております。流山市で家族葬をお考えでしたら、安心してあさひ葬祭にお任せください。

安置室

流山市に御遺体安置施設を完備

 

あさひ葬祭オフィシャルサイト

http://www.sougi-soudan.jp/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください