流山市で行われる家族葬の時間はどの位なのか

流山市で行われる家族葬の時間はどの位なのか

時間

家族葬の時間について

千葉県流山市にて行われる家族葬につきまして、お話をせていただきたいと思います。

昨今では、大々的に葬儀を行う事自体が少なくなってきており、家族葬の需要が高くなってきております。 あまり大々的にしてほしくない、という故人の生前の希望が殆で、全国的に家族葬の割合は年々増え続けてきている現状があります。

その中で、今回は千葉県流山市に特化してお伝えをしていきます。 特にこの地域では家族葬の需要が増えてきているようです。

その為、家族葬専用の業者が多数存在します。 おおよそどこの業者でもそれほど時間の差はないかと思いますが、24時間受付してくれるところが殆どなので、病院指定の葬儀社に依頼しなくてはいけないという事は無くなってきました。

家族葬と言っても、従来の葬儀と流れはほぼ変わらず、ただ省略される個所(告別式や通夜などの参列)があるため、それだけ時間は短縮されるでしょう。

通常では、お亡くなりになってから葬儀社が病院または警察や老人ホームなどの施設に故人様をお迎えに伺い、自宅あるいは、安置のできる斎場や施設に安置して、葬儀日程や葬儀の内容などの打ち合わせを行います。この場合、深夜になった場合は翌日または、ご家族の疲労を考慮しながら打ち合わせを行います。

葬儀の日程が決まり、葬儀を行う前の最初の儀式、納棺を行います。納棺とは、故人様を棺に入れる事を意味します。また、この時に仏式の場合、白装束旅支度を故人様につけます。仏式でも浄土真宗は、この旅支度を行いません。

また近年では、プロの納棺師による「湯灌の儀」を行う事も増えてきました。映画「おくりびと」から、納棺師という存在が認知されました。

納棺が行われたあと、通夜、葬儀を行い、火葬される、という流れになります。ここで時間の整理をいたします。

1日目:もしもの時から安置まで

病院から自宅あるいは安置のできる場所まで搬送(約2時間)

葬儀の打ち合わせ(約1時間)

所要時間3時間

2〜3日目:通夜までの準備期間

もしもの時から通夜までの準備期間として、2、3日はあったほうが良いと思います。年末など火葬場が混み合う場合には、1週間準備期間をとった方もいらっしゃいました。今回は3日間の準備期間を持った場合のケースをご案内いたします。

2日目

  1. 葬儀の2次打ち合わせ(約1時間)

3日目

  1. 葬儀の3次打ち合わせ及び見積書提出(約1時間)
  2. 納棺旅支度(約1時間)

所要時間3時間

4日目:通夜

  1. お通夜前の打ち合わせ(約1時間)
  2. お通夜(約1時間)
  3. 会食(約1時間30分)

所要時間3時間30分

5日目:告別式から火葬

  1. 告別式前の打ち合わせ(約1時間)
  2. 告別式(約30分)
  3. 初七日法要(約15分)
  4. お別れ花入れ(約30分)
  5. 火葬(約1時間から1時間30分)
  6. 精進落とし(約1時間30分)

所要時間5時間15分

近年では、1日葬というプランがあったりしますので、時間が気になる方は1日でどこまでを行ってくれるのか、問い合わせをしてみると良いと思います。 流山市にはいくつかの家族葬専門業者が存在します。 その中で、一番早く行ってくれるところを厳選し、資料などを事前に取り寄せておくと良いかも知れませんね。 葬儀の場所(主にホールや自宅)から火葬場までの所要時間も調べておくと、どれくらいの時間がかかるのかの目安になります。 できれば、短い時間でも、長い年月を共にした家族であれば、手厚く葬ってあげたいものですよね。

流山市で家族葬をお考えならあさひ葬祭にお任せください

家族葬施行2700件の実績!お客様満足度98%

家族葬の相談サロン

いつでも家族葬の相談ができる家族葬の相談サロンを完備しております

流山市で家族葬をお考えなら、安心してあさひ葬祭にお任せください。地域最安値に挑戦した安心価格でご提供いたします。また、価格だけでなく、葬儀後のアフタフォローも行います。

 

あさひ葬祭オフィシャルサイト

http://www.sougi-soudan.jp/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください