海が好きだった故人のために・・・最近話題の「クルーズ散骨」とは?

海が好きだった故人のために・・・最近話題の「クルーズ散骨」とは?

近年増加している海洋散骨

近年増加している海洋散骨

人が亡くなったとき、通常であればお骨はお墓に納骨されます。しかし、最近はお骨の扱いについてバリエーションが広がってきており、話題になっている方法の一つにクルーズ散骨があります。 クルーズ散骨は海に散骨を行う海洋散骨のひとつで、お骨と親族がともにクルーズ船に乗船して海に出て、そしてクルーズ船から海に向けて散骨をするというものです。海に散骨することは珍しいと考えられがちですが現在では徐々に浸透してきている方法で、箱に収めるのではなく大自然に還すという意味で大きな意義があるとされているのです。宗教の風習や形式にとらわれず希望すれば誰でも行うことが可能で、特に故人が海の近くで生まれた場合やよく海に行っていたという場合に行われることがほとんどです。 クルーズ散骨は船で海に出て遺骨を大自然に還すということが基本になりますが、その過程は自由に決めることが可能です。親族で船に乗って海の上でお経を唱えてから散骨したり、さらにその際に献花を一緒に海に流すこともできます。ほかにも水に溶ける材質の紙を使ってメッセージカードを一緒に流すなど故人に対する気持ちを精一杯伝えることができるようになっているのです。クルーズ船は乗船人数に限りがあることから故人に近しい家族や親族だけが乗船することになり、他人の目を気にする必要がありません。一般的な納骨ではできないこともクルーズ散骨であれば行うことができるという大きなメリットがあります。 一方で、クルーズ散骨は実施している会社によって散骨ができる海が限定されていることがあり、たとえば関東の場合では東京湾や相模湾であることが多くなっています。そのため地元の海で行いたいという場合はクルーズ散骨を行っていることを確認しましょう。また、会社によってはハワイをはじめとする国外の海で行える場合もあります。 故人が海に関わりがある人であったのであれば、遺骨をクルーズ散骨によって海に還すことを検討してみることがおすすめです。

散骨シーン

野田市、流山市にお住いの方で海洋散骨をお考えなら

野田市、流山市で海洋散骨をお考えなら、家族葬の実績2700件のあさひ葬祭にお任せください。価格も地域最安値に挑戦しており、低価格で高品質の葬儀をお約束いたします。直営の駅前家族葬ホールを完備しておりますので、家族葬から散骨まで、安心してお任せください。

 

あさひ葬祭オフィシャルサイト

http://www.sougi-soudan.jp

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください