野田市の生活保護受給者の葬儀(福祉葬)を分かりやすくご案内

生活保護対象者と、親族が疎遠になり、遠方の方でもご安心下さい。

土地勘があまりなく「もしもの時、故人を何処で安置すればよいのかわからない」と思う方や「何処に申請すればよいのかわからない」「直葬費用はどれくらいかかるのか?」など様々な疑問点などすべて解決致します。

あさひ葬祭の福祉葬の安心
  1. 遺体安置施設を完備
  2. 役所の手続き(死亡届の提出)
  3. 警察扱い案件(自宅死亡)でも対応
  4. 共同墓地(合葬)のご案内
福祉葬(生活保護)の流れ

生活保護法における第18条[葬祭扶助]で葬儀を行う場合、一般的な御通夜と告別式と2日間にわけて行うものとは違い、火葬だけの葬儀(直葬)を行う事を意味します。

  1. 検案病院等が発行する死亡診断書や死体検案書の費用
  2. 死体の運搬死亡場所から安置場までの搬送や安置場から火葬場までの霊柩車
  3. 火葬又は埋葬葬儀の場合、火葬料についての費用です
  4. 納骨その他葬祭のために必要なもの棺、棺用布団、骨壷、御遺体保存品(ドライアイスなど)、御遺体保管料

弊社の地域では、原則として「世帯で生活保護を受けている方」、「身寄りのない方が生活保護をうけている場合」が[葬祭扶助]の対象になり

それ以外のケースは、親族の自己負担になります。

また、[葬祭扶助]が決定した場合、1~4までの項目以外の物を望む事は出来ません。

例:祭壇、遺影写真、位牌、宗教者の謝礼、仕出し料理、香典返し

生活保護葬儀のまとめ

contact_txt