家族葬の質問 | 身内が亡くなったことはどこまで知らせるべきでしょうか

身内が亡くなったことはどこまで知らせるべきでしょうか

訃報案内

訃報を流すというのはとても気を使うものです。親戚への連絡は当然のことですが、他人への訃報の連絡は、喪主様がどのような葬儀形態を望むかにより変わります。

ひと昔前によく葬儀は「密葬」と呼ばれていた葬儀ですが、実は「密葬」という送り方。これは本来、「本葬」を後日執り行いますという意味を含んでいます。家族だけでひそやかに送りたいというのは「家族葬」と呼ぶべきです。

この場合、訃報を流すやり方と、流さないやり方があります。しかし、近年では「家族葬」は定着した送り方で、親族も理解している送り方になりました。そこで、私の経験から申し上げますと、訃報を流したほうがよいと思います。大切なのは、訃報の流し方の内容です。「故人の意志により、また喪主・家族の希望もあり、葬儀は親族のみでとり行いますので、ご了承ください」とかえってはっきりと、伝えた方が良いと思います。

これを暗に隠そうとすると、内緒でやったという後ろめたさを感じてしまいます。また、親戚が遠方だからといって、家族葬を終えた後に訃報を知らせると、トラブルになる場合がございます。たとえ遠くても、弔問にきたい方も中にはいらっしゃいます。

訃報を知らせたうえで、会葬者がみえても、それはそれで仕方のないことですので、多少の不行届きがあっても恥じにはなりません。中にはとても迷う場合もあり、心情的には「家族葬」を希望しても、故人の交友関係が広い方などは、かえって「家族葬」ではなく、一般的に葬儀をされた方がよいと思います。理由は、強行して「家族葬」を行い、葬儀が終了しました。その翌日から訃報を聞いた知人、友人が連日にかけて自宅にこられます。「家族葬」は無理と判断したら、ではどこまで知らせるかという問題になります。まず、お付き合いの範囲を故人を中心にグループ別にします。仕事上の関係、個人的な関係、近隣の関係と大別します。さらに、遺族を中心に同様のグループを構成していきます。連絡は各グループの代表者へ流し、あとはよろしくお願いしますといって一任します。

ここで立場をかえてみましょう。とりたて長い、深いつきあいでもないかぎり、自分だったら訃報が届いてどうするか。儀礼的でしかたなくいくような関係であれば、訃報が来るとかえって面喰らうことがあるでしょう。こういう関係へは直接流す必要がないのです。間接ルートで流れたものについては食い止めようがありません。雨が降ろうが、台風になろうが、いらっしゃる人はいらっしゃるのです。

あさひ葬祭は20年のベテランスタッフがアドバイスいたします

家族葬の相談サロン

東武アーバンパークライン「愛宕駅」より徒歩5分

葬儀に参列する方の予想は大変難しい事です。しかし、あさひ葬祭はこの道20年のベテランスタッフが多数おります。様々な経験から、お客様ごとに的確なアドバイスをする事が可能です。

また、東武アーバンパークライン「愛宕駅」徒歩5分に、家族葬の相談室がございます。野田市で家族葬をお考えでしたら、野田市に精通しているあさひ葬祭にお任せください。

 

あさひ葬祭オフィシャルサイト

http://www.sougi-soudan.jp/

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください