流山市で家族葬をする際の注意点

流山市で家族葬を行う場合

流山市役所

流山市の火葬埋葬許可証の手続は流山市役所でおこないま

 

家族葬は、家族が中心ですが、一般には親族や、亡くなった人と親密な関係を築いていた一部の友人知人だけを集め行う葬儀の形態です。このように気心が知れたメンバーだけで行う小規模な葬儀となるため、落ち着いて亡くなった人とのお別れをすることができるとともに、単に仕事や地域の上での義理だけから葬儀に参列する人への余計な対応をしなくてもすむメリットがあります。その反面、伝統的に地域のなかで行われてきた葬儀とは違って、比較的登場したのが新しいことから、場合によっては地域での理解が得られないなど、いくつか注意をしなければならないことがあります。

流山おおたかの森

つくばエクスプレス「流山おおたかの森」

千葉県流山市で家族葬をする場合ですが、この地域はつくばエクスプレスの開業と周辺開発などによって、新興住宅地も多く、比較的新しい葬儀の在り方にも寛容な地域ではあります。しかし、葬儀といえば地域の人々も裏方を手伝い、会社の人や取引先の人なども参列をするというのが一般的な在り方なのは事実で、自治会などの地域の人、あるいは会社の人にも、十分に意図を伝えておくべきです。葬儀が終わったら、家族葬に参列しなかった一般の人にも、すでに滞りなく葬儀を済ませたことを報告するとともに、生前の厚情に感謝をする旨の通知をするなどの配慮をするのが適当です。

また、葬儀が内輪だけで行われたことを踏まえて、会社関係などでも、四十九日や新盆などの機会に、あらためて弔問に訪れる人が出て来る可能性があることも、注意しておきたいポイントです。葬儀が終わったと油断していると、こうした不時の弔問客への対応がなおざりになってしまうことがありますので、いつでも準備はしておくべきです。

さらに、費用の関係からいえば、家族葬が必ずしも一般の葬儀よりも安価にならないことがある点も考慮したいところです。葬儀社に支払う費用そのものは、一般の葬儀よりも数段安いのは事実ですが、参列者が少ないため、香典の金額自体も低くなってしまいます。そのため、香典による収入から実際の葬儀の費用を差し引くと赤字になることがあります。

流山市で家族葬をお考えの方へ

流山市の家族葬実績多数がある「あさひ葬祭」にお任せください

安置室

流山市に御遺体安置施設を完備

流山市に精通している地域密着の安心していただける葬儀社です。弊社では、温度と衛生管理を行っている遺体安置室が流山市東深井にございます。故人の帰る場所がない場合でもご安心ください。

遺体の搬送と安心の緑ナンバーで病院にお迎えに伺います

遺体搬送寝台車

自社寝台車にてお迎えに伺います

さらに、24時間365日対応で、病院におむかに伺います。最短30分でお迎えにうかがいますので、ご安心下さい。

 

あさひ葬祭オフィシャルサイト

http://www.sougi-soudan.jp/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください