流山市で行う家族葬の服装で気をつけるべき事とは?

流山市で行う家族葬の服装で気をつけるべき事

喪服

家族葬の喪服について

家族葬は、昔のような大人数で葬儀をやるやり方ではありません。ごく近い身内だけが集まって、少人数による葬儀内容なのが特徴的です。

現代において、核家族化が進んで、経済的に葬儀を終えたいという家庭が増えたことから、格安に葬儀をあげられる家族葬が増えていますが、千葉の流山市においてもその流れは変わりません。

千葉の流山市で家族葬を行う際には、身だしなみに気を使いましょう。親しい人たちだけが集まる葬儀ですので、ラフな格好でも良さそうだと考えられがちですが、服装のマナーは葬儀の基本とほとんど変わりませんから、周囲から浮いてしまうような服装は避けるようにしましょう。

とはいえ、家族葬ではあまり正喪服を着用するケースがありません。正喪服は喪主や家族が着用するものです。男性であればモーニングコートであったり、紋付羽織袴であったりします。女性の場合だと黒で柄の入っていないワンピースやスーツ、アンサンブルの他、着物を着用するのが普通です。

喪主様も家族も、基本的に参列者と同じ準喪服を着用するのが家族葬では一般的になっています。準喪服というのは、正喪服よりも少しランクが下る見た目であるのが特徴です。

男性であれば黒のスーツを着用します。ダブルでもシングルでも構いません。女性はほぼ無地で、光沢感が少ないワンピースやスーツ、アンサンブルを着用します。

喪主様や家族と差別化するために準喪服が利用されていますが、立場に関係なく着用する傾向が強めです。

困ったときには準喪服を基準に選べば問題ないでしょう。

正喪服や準喪服は、宗教の関係が強い場合に着用する傾向があります。特に宗教に強いこだわりがなかったり、無宗教の家族葬を行う際には平服で起こしくださいと招待されることがあります。

とはいえ、本当に普段着で向かうのはマナー違反です。平服とは略喪服のことを指す言葉だと覚えておきましょう。略喪服は男性の場合は暗めのグレーや紺色のスーツ、女性は柄の少ないワンピースやスーツ、アンサンブルを着用します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください