流山市で行われている家族葬の段取りとは?

流山市で行われている家族葬の段取りとは?

松戸市斎場第一式場

家族葬の施行事例

家族葬は少人数が参加する形の、シンプルな葬儀のことです。千葉の流山市でも近年利用者が急増している葬儀の方法で、費用が安く済むなどの理由で人気を集めています。

自分たちにあった家族葬ができる葬儀社を選択しましょう

安置室

流山市に御遺体安置施設を完備

家族葬の段取りについては、一般的な葬儀の流れとあまり変わりませんが、シンプルゆえにやや対応が違う部分がありますから、忘れないようにしましょう。 まず、本人が亡くなったら千葉で流山市で家族葬を扱っている葬儀社を探します。亡くなる前におさえておくと、その後の段取りがスムーズでおすすめです。突然本人が亡くなってしまった場合は探すのが大変ですから、今すぐにでもネットを駆使するなどして、利用できる葬儀社を探しておきましょう。

病院によっては、いち早く故人様の移動をせがまれます。特に大きな病院ほどその傾向がございます。葬儀社を決めていない場合、病院に移動を急かされ、病院指定の葬儀社に頼んでしまい、高額な葬儀費用の請求があったなどのトラブルになる傾向があります。事前に葬儀社のリサーチをし、決めておくことが重要です。搬送先については、ご自宅に故人様を連れて帰るのが一般的ですが、近年では、御遺体安置施設などを利用する方も増えてきました。 安置が終わりましたら、葬儀社と打ち合わせをして、段取りを決めていきます。家族葬を提供する葬儀社ならセットになったプランがありますから、すでにある程度の段取りが決まっていますので、すんなりと打ち合わせを終えることができます。看病疲れなどで疲労がある場合は、翌日に葬儀の打ち合わせを行う場合もございます。斎場の種類や日程、追加料金などについて、よく聞いてください。葬儀社により、特に追加費用が多いのが「搬送料」と「ドライアイスの量」などです。セットプランでも搬送料15kmなどと、どう見ても追加になる業者もいますので、セット内容の金額だけで判断せずに、総額をなるべく確認してください。その後、 お通夜と葬儀を行いますが、親族や親しかった友人等の参列者への連絡をします。親しい家族だけが集まる葬儀ですから、電話連絡で周知することが一番の得策です。お香典かえしですが、家族だけの葬儀の為、用意しない場合もございますので、その辺は、ご家族でご相談ください。また、通夜振る舞いについても同様で、あまりかしこまった内容にする必要はありませんが、ある程度考えても良いと思います。 火葬を行っている待ち時間に、お菓子などを振る舞って参列者をもてなすようにします。火葬が終わり、骨あげ(お骨を壺に入れること)を行った後、骨壷におさめたらそれで終了です。

流山市の家族葬に実績のあるあさひ葬祭にお任せください

家族葬の相談サロン

東武アーバンパークライン「愛宕駅」より徒歩5分

あさひ葬祭では、流山市の家族葬に実績がございます。また、家族葬の相談室も完備しておりますので、家族葬についての質問などございましたら、お気軽にご相談ください。

 

あさひ葬祭オフィシャルサイト

http://www.sougi-soudan.jp/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください